banner

【上野クリニックは業界最大級のクリニック】について

banner 包茎の種類と包茎手術の必要性と効果をまとめました。

包茎手術の時期

身体が成長し大人の身体にならなければ、自分が包茎であることは解りません。つまり、包茎に気が付くのは中学生に成る頃です。中学生になると友達と銭湯に入ったり、プールで着替えたりで自分のペニスと友人のペニスを比べる機会が多くなります。また、性や性器への関心が出て来る時期で、自分のペニスが変なのではないかと思ったりします。その様な体験の中で、包茎についても悩み始める訳です。しかし、中学生の段階で自分は包茎だと確信する人は稀です。
一般的には大学生になる頃に包茎を確信し、手術を決意することになります。恋人ができて包茎が恥ずかしいので、手術に踏み切る人が多い訳です。この様な人の大部分は仮性包茎です。仮性包茎は普通の生活や性生活には何の問題もありません。只、包茎の人は早漏気味が多いのと、彼女に対する格好の問題なのです。一方、「カントン包茎」は包皮を無理にむくとペニスが壊死する場合がありますし、「真性包茎」では亀頭の表面と包皮が癒着していて無理に包皮をむけません。また、無理に包皮をむくとペニスが傷付くことになります。従って、「カントン包茎」や「真性包茎」と思われる場合は、専門医に相談して早く包茎の手術をしなければなりません。手術を行う場合は豊富な治療実績のある上野クリニックの様な専門のクリニックを選ぶことが重要です。

このサイトもおすすめ

こんなサイトも覗いてみて

注目記事

banner
包茎手術の効果

記事を見る

banner
仮性包茎は自分で治すこともできる?

記事を見る

banner
上野クリニックの特長

記事を見る

Copyright(c) 上野クリニックは業界最大級のクリニック. All Rights Reserved.